当ラウンジについて

横浜市の国際交流ラウンジ

横浜市内には国際交流の拠点が11か所あります。
1991年7月に開設された「ほどがや国際交流ラウンジ」は市内で3番目に歴史のあるラウンジです。
保土ケ谷区を中心として、在住外国人への生活相談をはじめ、さまざまな活動をしています。

ほどがや国際交流ラウンジ (Hodogaya International Lounge)

保土ケ谷区を中心とした地域にお住いの外国の方に、生活情報の提供、相談を多言語で行っています。外国人支援と外国人と日本人の交流の場を提供するなど国際交流の拠点です。多くのボランティアが参加し活動を支えています。

主な活動

窓口業務

  • 横浜市にお住まいの外国の方への情報提供および生活相談を多言語で実施しています。
  • 外国人教育相談(児童、生徒および保護者対象)を実施しています。

支援事業

  • 日本語だけでなく日本の文化、習慣を理解してもらう日本語教室を開催しています。
  • 日本語を母語としない子供への学習および日本語の支援をしています。

交流事業

  • 子育て中の外国人の母親同士および日本人の母親との交流や情報交換のお手伝いをしています。
  • 地域にお住まいの外国人と日本人の交流の場を提供しています。
  • 外国の方へ日本の文化を紹介しています。
  • 地域の日本の方たちへ外国の文化を紹介するなど、国際交流の情報を発信して共生できる地域作りを目指しています。
  • 年に1回国際交流のお祭り「ほどがや国際フェスタ」を実施し地域の方との交流をしています。

運営団体:特定非営利活動法人 保土ケ谷国際交流の会

ほどがや国際交流ラウンジは、保土ケ谷区の委託を受けて、「特定非営利活動法人 保土ケ谷国際交流の会」(HIEC: Hodogaya International Exchange Center) が運営しています。

組織図

組織図

役員一覧

理事長     杉本 ひろみ   副理事長    小島 玲子 (事業部部長)
副理事長    ハイデンライヒ 忍 (窓口部部長)     副理事長  金屋 卓志
理 事      田上 薫 (会計責任者)   理 事     石村 高子 (事務部部長・事業部副部長)
理 事      浅野 晃二 (事務部副部長) 理 事     竹内 千佳 (窓口部副部長)
監 事      勝田 雅子 監 事     山田 義信 

沿革

表示したい年をクリックしてください。

定款

こちらをご参照ください。→【定款】